東日本大震災被災者支援


JELAニュースブログ

 

 

facebook
  宣教師支援  
 

2014年度 支援宣教師の日本での活動内容

 JELAは、これまで米国福音ルーテル教会から日本福音ルーテル教会に派遣され、教会や関連の学校等のために奉仕する宣教師の生活を支えてきました。長期間滞在する宣教師は宣教活動を中心に活動し、数年間滞在する短期宣教師は東京、熊本等で英語教育に携わりながら青年伝道を中心に奉仕しています。

 現在では、毎年9月に来日する宣教師に対して、9月から12月の東京での3ヶ月間と翌年1月から3月までの熊本での3ヶ月間の合計約6ヶ月間の語学研修や住宅など滞在中の生活を支援し、その後2年間、熊本の九州学院と九州ルーテル学院に講師として赴任される宣教師の生活支援も学校と恊働して行っています。

九州ルーテル学院で授業中の様子(ブログ)ます。JELAでは、毎年来日する宣教師に対して、約6ヶ月間の語学研修を支援し、九州学院と九州ルーテル学院

■長期宣教師

●パトリック&ジャッキー・ベンケ(九州ルーテル学院大学)

パトリック=室園教会の礼拝、九州ルーテルの日々の礼拝、九州ルーテルにて英語科目全般の講義、同学生のための留学支援活動など。

ジャッキー=室園教会と熊本教会国際英語礼拝での奏楽、九州ルーテル学院大学での英語指導、オルガン指導、ハンドベル指導、大学聖歌隊を指導。

●ケイティ・ナルム(ルーテル学院中学・高校)
 授業は週2時間(2単位)を担当し、それ以外に国際交流委員会の仕事、 カリキュラム作り。 1月から3月までは週2時間のJ3のオリエンテーション、 J3と教職員の窓口役をして勤務しています。
 健軍教会では3月から礼拝奉仕としてピアノによる奏楽を担当。教会学校では説教、分級、サムエルナイトという集会などのイベントに参加、教会キャンプでの奉仕もしている。
その他、熊本教会の国際礼拝ではヴァイオリンとピアノ演奏、子どもプログラムの企画や活動奉仕をしています。

 それぞれの働きを自身の日本語で紹介していただきました。

■ 短期宣教師(J3)

●キャロリン・キーナン
(九州学院)2012年9月来日〜2015年3月までキャロライン
現在の働き
「高校の16の クラスを担当。すべてチームティーチングです。ESS は週に2回教えています。放課後もスピーチコンテストや 英検 の準備等、英語に関わる様々な活動で生徒を指導しています。
 日曜日は二つの教会に関わります。午前中は健軍教会で教会学校と子どもの礼拝前の準備会に出席します。子どもの礼拝のあとは中学・高校生会です。大人の礼拝ではアコライトを担当します。またバザーなど数々の教会活動をします。日曜の午後は、熊本教会の英語礼拝で奉仕します。ここでは毎週礼拝前にバイブルスタディを担当しています。」2015年1月現在
キャロリン・キーナンさんのブログ

●モーガン・ディクソン(ルーテル学院中学・高校)
2012年9月来日〜2015年3月までモーガン
現在の働き「2014年もルーテル学院と熊本ルーテル教会の仕事を引き続き行いました。ルーテル学院で英語を教え、放課後には英語クラブの指導もしました。また、英語のサマースクルや他の色々なイベントにも参加しました。
熊本ルーテル教会で日曜日の礼拝はもちろんのことですが、その他にも子どものプログラムや青年会にも参加しました。」2015年1月現在
モーガン・ディクソンさんのブログ

 

●ローラ・フェントレス(ルーテル学院中学・高校)
2012年9月来日〜2015年3月までlaura
現在の働き「2014年度は1週間13時間英会話を教えています。高校の綜合コースと2年生英語特進コースの「プレゼンテーション英語」のカリキュラム作りや計画会議などを担当しています。また、中学校のESSクラブの活動などを担当しています。国際交流委員会の仕事も担当しています。1年に4回、全校生徒向けの朝の礼拝で英語の説教(日本語に通訳される)をしています。
神水教会で奉仕をしています。教会学校で説教、分級でも奉仕をしています。月に1度ぐらい礼拝後にはEnglish Bible Studyを担当しています。阿蘇山荘の掃除やバザーなど色々な年中活動にも参加しています。
熊本教会の国際英語礼拝に毎週日曜日出席しています。月に2回、国際英語礼拝の子どもプログラムの計画をたてたり活動奉仕をしたりしています。また、礼拝の司会をしたり音楽を手伝ったりすることもあります。」2015年1月現在
ローラ・フェントレスさんのブログ

●ブレント・ウィルキンソン(2014年4月〜ルーテル学院中学・高校)
2013年9月来日
ブレント
紹介:ブレント・ウィルキンソンさん(ミシガン州出身)は初来日ですが、学生時代から日本人の友人がいた関係で、日本に興味を持ち、大学でも日本語の授業を1年間受けました。また、彼は語学にも興味があり、大学でドイツ語を専攻したほか、スペイン語とフランス語も話せるとの事。南米アルゼンチンで半年間のワーキング・ホリデーも経験しています
現在の働き「ルーテル学院中学・高校にて英語授業を担当」

●ディーン・ホルツ(2015年4月〜九州学院中学・高校)
2014年9月来日
ホルツ紹介:ディーン・ホルツDean Hoelzさん(サウスカロライナ州出身)は現役のELCA牧師で、幼少時代から日本に興味を持っていたそうです。元米海軍のチャプレンでもあったディーンさんは、岩国の米軍基地に2010年から2年間務め、2011年には東日本大震災後の米軍の救援活動に参加しました。

現在の働き 「九州学院にて英語授業を担当」

 

●ザック・コービン(2015年4月〜ルーテル学院中学・高校)
2014年9月来日ザック
紹介:ザック・コービンZachary “Zach” Corbinさん(ウィスコンシン州出身)は初来日ですが、学生時代から日本のアニメに興味を持ち、現職のグラフィックデザイナーになるきっかけにもなったそうです。本郷学生センターと文京カテリーナで奉仕中のジェニファー・ロバーツさんとは学生時代からの知り合いです。

現在の働き「ルーテル学院中学・高校にて英語授業を担当」

●ハナ・ジェンセン・ラインキ(2015年4月〜 ルーテル学院中学・高校)
2014年9月来日hana
紹介:ハナ・ジェンセン=ラインキHannah Jensen-Reinkeさん(オハイオ州出身)は学生時代からアジアに興味を持ち、大学では東南アジアの宗教を専攻していた関係で、2年間日本語の授業を受けました。大学卒業のお祝いに、ご両親から2週間の日本旅行をプレゼントされたそうです。 

現在の働き:「ルーテル学院中学・高校にて英語授業を担当」

 
     

 


カード決済

クレジットカード決済で、こちらのページからご寄付いただけるようになりました。
…………………………………………………

アマゾン

アマゾンの買い物はこちらから。
購入代金の約3%がJELAへの寄付となります。※購入者様の金銭的負担はありません。
…………………………………………………切手


お送りいただいたものは、日本郵便で手数料を払って換金し、JELAの活動のために有効利用させていただきます。少量でも古いものでも結構です。皆さまのご協力をお願いいたします。

送り先: 一般社団法人 日本福音ルーテル社団 ハガキ・切手係
150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-20-26 
TEL:03-3447-1521

………………………………………………

CD

JELAオリジナル・チャリティCD
上野由恵フルートによる讃美歌名曲集
「Amazing Grace」ダウンロードはこちらからどうぞ。
………………………………………………

川柳ひろば
ジェラ川柳ともに喜び泣くひろば」
JELA NEWS 読者の交流の場として、「川柳ひろば」を開設しました皆様からの投稿をお待ちしています。これまでの投稿作品もこちらからご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 


 

 

お問い合わせ 資料請求 アクセスマップ 個人情報保護方針 english english

世界の子ども支援 青少年育成 難民支援 リラ・プレカリア 奨学金 宣教師支援 ワークキャンプ チャリティコンサート 東日本大震災支援 広報 募金