難民に関する論文
日本の難民事情
難民として
ボランティア募集
 
1



 JELAが支援しているのは、政治的意見・宗教等の理由から自分の国で安全に生 活できないため来日し日本での保護を求めている方々です。戦争などで大規模に生み出される難民と区別 する意味で、このような人のことを個別難民と呼ぶことがあります。
 JELAの個別難民支援事業は、1984年に日本の外務省の要請で始められました。政府やNGOから意見を聞くうちに、難民申請者が経済的負担の心配なく住める住居が必要であるとの認識に立ち、1989年と2011年に都内の2か所に難民申請者入居用のアパート「JELAハウス」を購入し、住居提供を中心とした支援活動を展開しています。また、出身国で十分な高等教育を受けられなかった難民の方々が、日本の大学や大学院に合格したにもかかわらず財政的余裕がない場合に、卒業までの学費を提供することも活動の大きな柱にしています。

JELAハウスとはこんな施設です。(詳しくは下記で)
http://www.jela.or.jp/images/jelahouse.jpg JELAハウスは板橋区と江戸川区にあり、併せて15世帯が独立して居住できる空間が確保されています。部屋毎に、キッチン、布団、冷蔵庫、洗濯機、テレビその他の生活必需品を取り揃え、生活に困窮している難民申請者を中心に、経済的に出ていける状態になるか、住宅に関する公的サポートが得られるまで、家賃のみならずガス・電気・水道代を含めて無償で提供しています。
どちらのハウスにも日本人の管理人が常駐し、入居者の質問に答えたり、緊急事態発生時に迅速な対応が取れるように努めています。

 江戸川ジェラハウスとくに、2011年に設置した江戸川ハウスには共通部屋を設け、自由に使えるPC環境の整備や日本語教師による日本語レッスンの提供を行っています。
なお、入居者選定に関しては、UNHCR、難民事業本部、NGO等からの依頼を受けた方の中から必要度を判断して住んでいただいていますが、いつも満室状態です。運営にあたっては難民支援協会の協力をいただいています。

いろいろな団体と協力しています。
 個別難民を支援するにあたり、JELAは国内の主要な難民支援NGO十数団体の連携組織であるNPO法人「なんみんフォーラム(FRJ)」に加盟し活動を展開しています。また、ルーテル難民協力懇談会を年3回主催し、内閣官房・法務省・外務省の難民関連部門やUNHCR及び難民支援NGOを招待して、インフォーマルな形での情報交換を行い、実のある難民保護を目指
しています。



JELA難民支援事業の中核、ジェラハウスについて

                   JELA事務局長・森川博己
http://www.jela.or.jp/events/110428jelahouse2opening/JH2-3.jpg  JELAは2014年1月1日現在、二つの難民シェルター(ジェラハウス)を都内で運営しています。一つは板橋区にあり、1991年から稼働しました。2階建て6部屋で、家族で住める部屋が二つ、その他は個人部屋、緊急部屋、管理人部屋となっています。
このハウスがいつも満室であり、難民申請者が増加する現状に鑑み、2011年4月から新しいジェラハウスを江戸川区に開設しました。こちらも2階建てですが、12部屋あり、板橋の2倍の部屋数です。一部屋を管理人室に、もう一部屋はパソコンを利用したり日本語レッスンをグループで受けられる共通ルームに改造したため、難民の方に使っていただけるのは10部屋です。板橋と違い、こちらは新築を購入したため、案内した直後に「これが本当にわたしの部屋?」と興奮と喜びの声をあげる方もいるようです。部屋は20㎡前後と小じんまりしていますが、エアコン、風呂、トイレ、キッチン等は当然備わっており、ベッド、カーテン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、包丁・フライパン等の台所用品、ガスコンロ、時計など生活必需品をJELAが購入して各部屋に設置したため、引っ越したその日から生活可能です。

http://www.jela.or.jp/events/110428jelahouse2opening/JH2-2.jpg  新ハウスの稼働にあたり、聖別式とオープンハウスを4月28日に実施しました。聖別式では日本福音ルーテル教会の青田勇牧師に聖書からメッセージを語っていただき、参加者みんなで讃美歌を歌いました。この式典と続いて行われたオープンハウスには難民支援団体から総勢22名が参加しました。JELA関係者9名に加え て、UNHCR(国連難民高等弁務官東京事務所)、アジア福祉教育財団難民事業本部、難民支援協会、日本国際社会事業団、カトリック東京国際センター、さぽうと21、難民・移住労働者問題キリスト教連絡会といった、難民支援の現場でJELAが連携している国際機関・政府関連機関・民間NGOが顔をそろえ、たいへん有意義なイベントでした。UNHCRから参加されたお一人が何枚も写真を撮りながら建物や周りの環境をご覧になり、「まるで北欧の難民施設のようですね!」と好意的な感想を伝えてくださったときは、この建物を選んでよかったと思いました。

 聖別式やオープンハウスは家を使いだす前に行うのが本来の姿なのかもしれませんが、イベント当日、半分以上の部屋に難民の方がすでに居住中でした。難民申請者で住居のない方が引きを切らないため、需要に応えるため早めに部屋を提供しだしたからです。以来現在まで、こちらも部屋はすべてうまっています。開所当初、東日本大震災の被災者の中に難民の方がいらっしゃれば、その方を優先的にお迎えしたいという思いが強くありました。候補者も一人与えられたのですが、ご本人が元のコミュニティを離れたくないとおっしゃり、現在はすべての部屋を一般の難民の方に開放しています。ありがたいことに、日本語を教えるボランティア奉仕者にもプロの日本語教師が複数与えられています。ほんとうに感謝です。

http://www.jela.or.jp/events/110428jelahouse2opening/JH2-1.jpg二つ目のジェラハウスの稼働によりJELAの難民支援事業は拡充に向けて大きく舵をきりました。これからも皆さまお一人お一人のご支援をお願いいたします。また、何らかの形で難民を支援するボランティア奉仕者が引き続きおこされることを期待しています。ご興味のある方はJELA事務局(電話 03-3447-1521)までお問い合わせください。

 

 

 


アマゾン

アマゾンの買い物はこちらから。
購入代金の約3%がJELAへの寄付となります。※購入者様の金銭的負担はありません。
…………………………………………………切手

お送りいただいたものは、日本郵便で手数料を払って換金し、JELAの活動のために有効利用させていただきます。少量でも古いものでも結構です。皆さまのご協力をお願いいたします。

送り先: 一般社団法人 日本福音ルーテル社団 ハガキ・切手係
150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-20-26 
TEL:03-3447-1521
………………………………………………


JELAオリジナル・チャリティCD
上野由恵フルートによる讃美歌名曲集
「Amazing Grace」ダウンロードはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 


お問い合わせ 資料請求 アクセスマップ 個人情報保護方針 english

 

english